見出し画像

【イベントリポート】アドバンスコース第1期成果発表会開催 発表内容№1

4月18日(木)に行われた「アドバンスコース第1期成果発表会」。
約8ヶ月間にわたり6回の講義を受講してきたメンバー12名がその集大成となる成果発表でプレゼンした内容を4回に分けてご紹介するシリーズの初回です。

中川治大さん(パンチョ事業部)

「感動経験産業になるためには」

感動の提供に成功している他業種や他社とファイブの共通点などを挙げながら、「未知価値」を生み出していく大切さなどを訴えます。
最後には「自分にもホスピタリティを持ってプライベート(人生)を豊かにしよう」、「成長できる場所はここにあります。自ら手を挙げて一歩前に進んでください」と24新卒へのメッセージを送りました。

小椋湖波さん(FC事業部)

「“思考・学び”をやめない人生のご提案」

将来的に「なくならない仕事をしたい」という動機から、これまであまり培ってこなかったコミュニケーションスキルを鍛えるため、ファイブを選んだという話からスタート。
ホスピタリティの本質が「心と頭脳を働かせて価値を想像する」という意味だと知って、今まで漠然としてたホスピタリティの言葉のイメージと大きなギャップを感じたことなどを語り、「何ごとにも目的を持って学びの姿勢を忘れず有意義な社会人生活を」と24新卒社員たちへのメッセージを送りました。

林綾乃さん(MJ-Fun事業部)

タイトル「ファイブの強みとホスピタリティの関係性について」

ファイブの強みである「人で勝つ」とホスピタリティを紐づけたプレゼンを展開。その中で、八方よしと「”楽しい”でつながる世界をつくる」の類似性を指摘し、接着業についても言及します。
この研修を受けたからこそ、ホスピタリティ人材になるための仕組みが整っているファイブで働いていることが自信につながったという言葉で締めくくりました。

3名へのコメント 株式会社パンチョ野尻圭介CEO

「3人とも社会や時代とファイブグループの強みを結びつけたプレゼンで、しっかり理解できていたと思います。だからこそ主体性を持ってこの研修に参加したんだろうなと感心しています。今後もここで学んだことを事業部の仲間たちに自分から発表する機会をたくさんつくってください!」


第1期生修了おめでとう!アドバンスコース成果発表会開催(イベント記事)はこちら


他の参加者の発表はこちらからご覧いただけます。

【イベントリポート】アドバンスコース第1期成果発表会開催 発表内容№2
吉瀬 孝太郎  FC事業部
小林 流碧  MJ-Fun事業部
堀内 幸乃  MJ-Fun事業部

【イベントリポート】アドバンスコース第1期成果発表会開催 発表内容№3
大泉 れのん  FC事業部
原 風美菜  とりとん事業部
近久 明莉  MJ-Fun事業部

【イベントリポート】アドバンスコース第1期成果発表会開催 発表内容№4
千田 一輝  MJ-Fun事業部
室井 希実 とりとん事業部
梶本 真帆  価値創り研究所

▼こちらの記事もおすすめ!


飲食業界を存分に楽しみたい人、楽しさと成長できる環境を見つけたい人、とことん人の「楽しさ」と「可能性」に向き合い対話する人事と話してみたい人は、ぜひリクルート窓口へご連絡ください!

この記事が参加している募集

#自己紹介

229,891件

#オープン社内報

22,509件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?