マガジンのカバー画像

5iveのお店

29
ファイブグループの店舗やブランドに関する記事はこちら
運営しているクリエイター

#飲食業

お客様からのラブレターvol.2

様々な形で、日々いただいているお客様からのメッセージはお褒めの言葉はもちろん、叱咤激励も…

【ブランド紹介】8/6OPEN@大宮!本格的な韓国屋台料理が気軽に楽しめる『韓国酒場ナ…

2021年8月6日(金)埼玉県大宮駅東口に「韓国酒場ナッコプセのお店 キテセヨ」がオープンし…

【株式会社ランドネット 榮 章博様】ロッヂが生活の一部に | 常連様インタビュー…

ファイブグループのお店を好きになり、通い、お店を生活の一部としてくれている常連さん。そん…

【また来たいへの道-vol.10】ルールをつくるのではなく文化をつくる。スタッフの主体…

今月は『価値創り研究所』で「また来たいKPI」(お客様からの支持率を測る各ブランドで設定さ…

【また来たいへの道-vol.9】単身乗り込んだ初の出店地方でコミュニティまでつくっち…

今月は『FC(フランチャイズ)事業部』で「また来たいKPI」(お客様からの支持率を測る各ブラ…

【社長に聞く】コロナ禍の飲食業界においても、次世代の若手リーダーを「100人採用」…

代表取締役:坂本憲史 1973年生まれ、2003年に1号店となる「半兵ヱ 吉祥寺店」のオープンとと…

年商100億円企業が第二創業期の今向き合う、社会的責任と経済的利益の両立。そして2つの具体戦略

2003年に創業し、15年後の2018年には年商106億円に到達したファイブグループ。その頃から「社会に対しての価値を考えていこう」と社内で会話されるようになりました。 「良いお店をつくり続ける」その先を、視座を上げて考える必要がある──。 そう話すのはファイブグループ全体の経営戦略を担う、執行役員経営企画室室長の山﨑大輔(やまさき・だいすけ)。 今回は、ファイブグループの経営戦略の全体像について山﨑に話を聞いていきます。 ▼山﨑大輔/執行役員経営企画室室長 リクルー

スキ
24