見出し画像

【トップランナーの声-vol.2】バラバラのチームワークを立て直した「楽しく働きたい」という想い

2020年度から本格的に始まったアルバイトスタッフの評価制度、「ステップアッププログラム(略称:SUP)」。

現場の7割以上を占める約1300人のアルバイトさんの中でも上位5%に入るトップランナーとして活躍されている「エース」もしくは「トレーナー」にあたるスタッフさんに、心掛けていることや働きがいをインタビューしていきます。第2回目は『牛かつもと村』福岡パルコ店所属の川上さんです!

メイン修正版

▼プロフィール
川上さん:『牛かつもと村 福岡パルコ店』所属。
SUPランクは[トレーナー1]、入社2年目で福岡パルコ店のオープニングスタッフ。
23歳の社会人5年目。サーフィン、スノボ、ゴルフ、ダンス(HIPHOP)、DYIなどを趣味に持つ超アクティブな博多っ子。

人と関わって喜んでもらうことが好きなんです

高校を出てから3年間ヨガスタジオの先生をしていたのですが、体の内側、外側、心ぜんぶについてもっと勉強したくなって時間の融通の利くフリーターになり、ファイブには出会いました。
ヨガスタジオで働いていたころ、月に一度生徒さんからのコメントをもらえるシステムだったのですが、そこでいただく感謝のメッセージがすごく嬉しくて一番のモチベーションになることを実感していたので、「人に喜んでもらえることがやりがいになる」という実感は入社前から持っていて。
そういった意味でも前から接客も調理も含めて飲食業をしっかり経験してみたいと思っていたので、美容の勉強しに通っていた周辺で探し、『牛かつもと村』に出会い、オープニングスタッフとして採用していただきました。

画像3

コミュニケーション不足からスタッフの離脱…

オープンから1年くらい経った頃、いろいろあって店長さんが居ないような時期もあり、その後の新店長さんとも馴染みきれず、オープニングからいたスタッフが大量に辞めちゃったんですよね…。
同期も減り、なんとなくみんな遠慮しあってて業務以外の会話もないような状態にお店がなっちゃって。それぞれみんなのコミュニケーションがとても不足していて「楽しい」がない環境だったんです。

私はもともとリーダーとか、みんなを引っ張っていくよりかは裏で支えることのほうが好きだったのですが「このままじゃ全然”楽しい”が無いお店になっちゃう…オープニングで残っている私がしっかりしなきゃ!楽しく働きたい!」と使命感を感じまして、先頭に立って店舗のコミュニケーション不足解決に積極的に取り組むことを決めました。

画像6

「楽しく働ける」ために自分から動く、変える

まずは自分たちが楽しまないとお客様を楽しませることはできないので、とにかく楽しく働ける環境を作るために「コミュニケーションの活性」と「本質を共有して、信じて任せあう」ことに取り組みました。

①コミュニケーションの活性:コミュニケーションのクッション役になる

一つ目はシンプルにみんなが思っていることを聞いて、それぞれどんなことを考えていてどうしたいと思っているのかを集めて、店長さんやエリアマネージャー(BDF)さんに伝えるクッション役をしました。
私自身、どんな人とでも話せるタイプだったので、スタッフさんが2人きりになると話してくれることも多くて。
色んな人から話を聞いていて感じたのは「誰から言われたか」って結構大事だなっていうことです。言ってることはわかるけど、この人には言われたくない、むっとしちゃう、ってことありますよね?
バラバラになってしまっている中、それを直接ぶつけあっても意味ないなって感じたのでその間に入って暗躍しました(笑)

画像5

まずは自分たちが楽しまないとお客様を楽しませることはできないので、とにかく楽しく働ける環境を作るために「コミュニケーションの活性」と「本質を共有して、信じて任せあう」ことに取り組みました。

②本質を共有して、信じて任せあう:自分で考えて工夫する楽しさを!

それまでの店舗はポジションがきっちり決まりすぎていて、キッチンのことはキッチン、ホールのことはホールだったのですが、それではみんなと対等に話せないし、ポジションごとのルールの押し付け合いが止まらないって思ったので、まずは自分自身が全ポジション出来るように少しずつ教わって覚えました。

画像6

もちろん、お店全体の効率UPのためにルールにしたほうがいいこともありますが、例えば洗い物の本質って「素早くしっかりきれいにして、次のお客様が食器を使える状態にする」ですよね?この本質が共有されないまま、1から10まで指定された細かな「洗い方ルール」だけがいつの間にか残っちゃっていたので、本質を大事にしてある程度のやり方は信じあおう!任せあおう!って少しずつ変えていきました。
やっぱり指示されたことをやるだけじゃなく、ある程度を任されて自分なりに工夫していくことが仕事の楽しさだと私は思います!」

画像2

【中村店長からのコメント】
まず、川上さんは持ち前のコミュニケーション能力でお客さんへの接し方が素晴らしいです。最大の長所は徹底性が凄くしっかりしているところで、みんなあまりしない普段手の届かないところの掃除とかを含め責任をもってやりきってくれています。
店長発信ばっかりだったコミュニケーションに川上さんが入って、一緒に伝えるようになってみんなでつくっていこうってお店が今変わりはじめられています。
誰もが自分の意見をもって、お店のためになるものを話し合えるチームへの光が見えてきているので、お客様を大事に、スピード感をもってこれからもよろしくお願いします!

楽しく働ける環境を自分たちでつくっていく

一日や二日で簡単に変えられないことばかりで、まだ変わり始めたばかりですが一緒に働く仲間がいるので頑張れています。
いい感じにコミュニケーションもいまとれるようになってきて、スタッフのやりがいも上がってきていると感じています。
私は将来、食事もヘアメイクなども提供できる身体の内側、外側、そして心も綺麗になれるヨガスタジオをやりたいなと思っているので、今やっていることも生きてくるとやりがいを感じていますね。

画像7

ステップアップ制度の導入によって、色んなポジションへの挑戦など新しいチャレンジにどんどんみんな取り組んでいけるようになってきているので、これからはトレーナーとして作業だけじゃない本質をみんなに伝え続けながら、全員が工夫して楽しく働ける環境を自分たちで作っていけるようにしていきたいです。

ネガティブな時期もあって引っ込み思案な考えで「自分がやればいい、人に期待しない」って思っちゃった時期もあったけど、自分の意見を言うようになって、自分から動いて、そしたら環境も変わってやりがいになって。自分が必要とされてるなって今感じられているので、同じように悩んでいるスタッフさんがいたら、自分が楽しく働ける環境を作るために何か少しでも動いて行けたらいいなと思います!

画像8

▼▼第1弾はこちら▼▼

▼あわせてこちらもおススメ▼

===========

今後、定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!

また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。

高卒も歓迎!新卒・第二新卒採用はこちらをご覧ください。



この記事が参加している募集

この街がすき

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!あなたの今日が楽しいで溢れますように!
3
株式会社ファイブグループがお届けする公式noteマガジンです。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの「人」が「大事にしている考え方」を誰でも気軽に読める場として、日々発信するオウンドメディアです。