居酒屋は一人でも楽しめる?一人飲みを最大限楽しむ方法と注意点とは?
見出し画像

居酒屋は一人でも楽しめる?一人飲みを最大限楽しむ方法と注意点とは?

居酒屋での一人のみに興味を持っている人はたくさんいるでしょう。
しかし、一人で居酒屋に行くことに抵抗を感じてしまっている人も多くいるはずです。

そこでこの記事では、居酒屋は一人でも楽しめるのか、どうすれば一人のみを最大限満喫することができるのかということについて詳しく解説していきます。

新卒

居酒屋での一人のみを最大限に楽しむ方法

結論から言ってしまうと、居酒屋は一人でも十分楽しむことができます。
ただ、一人のみを最大限楽しむためには、「正しい楽しみ方」を覚えておかなければなりません。

では、一人のみを楽しむための具体的な方法について詳しく見ていきましょう。

真剣にお酒を味わってみる

一人のみ最大のメリットは、「一人」ということです。
一見デメリットのように感じるかもしれませんが、一人で居酒屋に行けば、他の人に気を使う必要もありませんし、無駄に会話をする必要もありません。

このメリットを最大限に生かして、お酒を真剣に味わってみましょう。
当たり前の話ですが、日本酒1つ取っても、銘柄によって味が大きく変わります。
友人や知り合いと語り合いながら飲む時には気づけない味の違いも、一人のみなら気づくことができるでしょう。

画像4

最近の悩みや不安を冷静に分析してみる

人間は誰しも悩みや不安を1つは抱えています。
ただ、仕事に追われて忙しい毎日を過ごしている場合、中々自分の不安や悩みと真剣に向き合う時間を作れませんよね。

せっかく一人のみをするのであれば、このような不安や悩みと真剣に向き合ってみてはいかがでしょうか。
「どうすれば不安や悩みを取り除けるのか?」
「本当にその不安や悩みについて考える必要はあるのか?」
ということをしっかりと分析することで、悩みや不安の原因や対処法がはっきりしてくるでしょう。

新卒

様々なお店を回ってみる

友人や知り合いとお酒を飲みに行く場合、好き勝手に、
「この店に行ってみたい」
「次はあの店に行ってみよう」
ということはできませんよね。

でも、一人のみなら自分のタイミングで、自分の好きなお店を自由に回ることができるのです。
お店によって提供されるお酒の種類も違いますし、お店の雰囲気や客層も違います。
これらの違いを心行くまま楽しんでみましょう。

店員さんや常連客と仲良くなる

一人のみの醍醐味は、店員さんや常連客と仲良くなることです。
店員さんと仲良くなることができれば、様々な話をしながら楽しくお酒を飲むことができますし、比較的規模が小さいお店であれば、サービスをしてくれるかもしれません。

常連客と仲良くなることができれば、楽しくお酒を飲めるだけではなく、新たな人脈の構築にも繋げられるでしょう。

note本文挿入用 (1)

コスパの良い飲み方を自分なりに研究してみる

外でお酒を飲む場合、少なからずお金がかかります。
できれば低コストで満足するまでお酒を楽しみたいですよね。

そんな時は、コスパの良い飲み方を自分なりに研究してみることをおすすめします。
低コストで満足できる飲み方を自分なりに編み出すことができれば、お金のことを気にせず、最大限に一人のみを満喫できるようになるでしょう。

居酒屋での一人のみを極める方法

最後に、居酒屋での一人のみを極める方法について、詳しく解説していきます。

とりあえず行きつけのお店を一軒見つける

これから一人のみデビューをしたいと思っている人の中には、
「一人のみをどう始めればいいかわからない」
という疑問を抱えている人も多いでしょう。

そのような人は、とりあえず行きつけのお店を一軒見つけてみましょう。
そうすることで、少しずつ店員さんや常連客とも打ち明けることができ、「ホームグラウンド」が出来上がるはずです。
一人のみの基盤ができたら、少しずつ行動範囲を広げていき、一人でも落ち着ける居酒屋を複数探していきましょう。

画像2

「一人」ということを忘れずに注文する

普段友人や知人と飲みに行く機会が多い人は、一人のみでも友人や知人と来ているつもりで注文してしまうことが多いです。
これをやってしまうと、最終的に残してしまうことになり、お店の人にも失礼ですし、無駄な料金がかかってしまいます。

「一人」ということを忘れずに、自分が食べられる量、飲める量のお酒や食事を注文するようにしましょう。

酒には飲まれない

これは一人のみに限った話ではありませんが、どれだけお酒を飲んでも「酒には飲まれない」ということを徹底してください。
お酒の飲み方を間違えると、周囲の人に迷惑をかけてしまうことになりますし、本来の自分ならやらないことをやってしまったり、言ってしまったりする可能性も出てきます。

そのため、自分が飲める量をしっかりと把握し、余裕を持って楽しめるように工夫していかなければなりません。

画像3

まとめ

一人のみをすることに抵抗を感じている人は意外とたくさんいます。
しかし、一人のみには複数人での飲み会では得られないメリットがたくさんあるのです。

これから一人のみに挑戦したいと思っている人は、是非今回紹介したコツを片っ端から実践してみてください。
きっと、友人や知人と飲みに行くのとはまた違った魅力を感じることができるでしょう。

▼こんな記事もどうぞ

===========

定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!

また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。

新卒

画像8

画像9


この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!私も好きです♪
株式会社ファイブグループがお届けする飲食×オープン社内報。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの社員やアルバイトさんの「働きがい」につながるよう、様々な「人」や「取り組み」や「各種制度」についてなどをオープンに日々発信する社内報です。