飲食バイト初心者必見!ホール、キッチンあるある10選!
見出し画像

飲食バイト初心者必見!ホール、キッチンあるある10選!

飲食バイトに興味を持っている人の中には、
「本当に飲食バイトって楽しいのかな?」
「どんな感じなのかな?」
という不安や疑問を抱えている人も多くいるでしょう。

画像5

そこでこの記事では、飲食バイトをしたことがある人なら誰でもうなずく、ホールやキッチンあるあるについて詳しく解説していきます。

新卒

飲食バイトあるある【ホール編】

では早速、飲食バイトのホールあるあるについて、詳しく見ていきましょう。

1:覚えることは多いが、意外とあっさり覚えられる
ホールスタッフとして勤務すると、
「こんなに覚えることがたくさんあるの?」
と思うでしょう。

例えば、
・お客さんへの挨拶
・注文の取り方
・メニューに書いてある商品
・テーブルサイドの調味料などのつぎ足し方
・レジの打ち方
・掃除の仕方
などです。

最初のうちは、覚えることの多さに圧倒されてしまうかもしれませんが、意外とあっさり覚えられることが多いため、そこまで不安を感じる必要はないと言えます。

2:暇な時間が続くと、混雑してきた時に燃えてくる
飲食店は、暇な時間と混雑する時間がはっきり分かれていることが多いです。
例えば、ごはん系のお店であればお昼時が込み、おやつ時はすくことが多く、デザート系のお店はおやつ時に混雑することが多いです。
暇な時間が続くと、「暇疲れ」をしてしまう可能性があり、時間が長く感じられるでしょう。
ただ、すぐに混雑する時間帯に突入しますので、
「やっとお客さんが来た!さあやるぞ!」
とモチベーションが急上昇するのです。

note本文挿入用 (35)

3:一人で回せるようになると自信がつく
比較的小規模のお店だと、ホールを一人で回すことも多いです。
最初のうちはもちろん先輩や社員がついてくれますが、ある程度仕事を覚えてくるとホールを任せてもらえるようになります。

ホールを一人で回せるようになると、責任感と共に自分に自信がついてきますので、仕事が以前よりも格段に楽しくなるのです。

4:「いらっしゃいませ」に反応するようになる
ホールスタッフとして勤務していると、一日に何度も「いらっしゃいませ」ということになります。
そのため、自分がお客さんとして訪れたお店で「いらっしゃいませ」が聞こえてくると、無意識に反応してしまうこともあるのです。

新卒

飲食バイトあるある【キッチン編】

では次に、飲食バイトのキッチンスタッフあるあるについて、詳しく見ていきましょう。

画像3

5:とにかく暑い
レストラン系の店舗のキッチンは、とにかく暑いことも…。
お店が混雑する時間帯は、コンロやフライヤーがフル稼働になることもありますので、キッチン内の温度が急上昇します。
そのため、夏場は水分補給をしっかりと行い、体調管理を徹底しなければなりません。

6:まかないのアレンジが楽しい
キッチンスタッフは、自分のまかないを自分で作れる場合があります。
自分でまかないを作る場合、ある程度自由にアレンジができることもありますので、
「この味も行けるな!」
「この調味料を足すともっとおいしくなるな!」
という気付きを得ることもできます。
ただし、お店の商品を無断で使ってしまうのはNGですので、アレンジをしたい場合は店長などに確認してから行うことが大切です。

note本文挿入用 (36)

7:別の飲食店の厨房を観察するようになる
飲食店でバイトをするようになると、自分がお客さんとして訪れたお店のキッチンを無意識に観察するようになります。
そして、
「キッチン一人で回しているの?!大変そうだな」
「あんなに狭いキッチンでどうやって料理を作っているんだろう?」
と、様々なことを考えるようになるのです。

飲食バイトあるある【お客さん編】

では次に、飲食バイトのお客さんあるあるについて、詳しく見ていきましょう。

画像6

8:常連さんに名前を覚えられる
どのお店にも、必ずと言っていいほど常連さんがいます。
出勤日数が多かったり、接客態度が良かったりすると、その常連さんから名前を覚えてもらえることがあり、ちょっとした会話に花が咲いたりゆくゆくはお友達になったり。

混雑をしている時というのは、お客さんと落ち着いて会話をする機会が少なくなるため、常連さんとの何気ない会話が息抜きになることもあります。

9:親切なお客さんにはもっとサービスしたくなる
飲食店には様々なお客さんが来ます。
中には、
「どっちがお客さん?」
というくらい丁寧に接してくれるお客さんもいて、このようなお客さんにはもっとサービスしたくなります。特に、失敗した後や他のお客様とうまくコミュニケーションをとれなかった後だと、神様のように見えてくるのです。

画像5

10:「ありがとう」をたくさんもらえる
飲食業の最大の良さは、自分がつくった料理や自分が行動したサービスに対して「ありがとう」とたくさんの人にその場で言ってもらえることです。
気持ちの良いお礼を言ってもらえるとこちらが嬉しくなりますよね。

まとめ

飲食バイトをすると、今回紹介したあるあるを心の底から理解できると思います。
中には、飲食バイトへの挑戦を躊躇してしまっている人や、飲食バイトのマイナスの印象を持ってしまっている人もいるでしょう。

ただ、今回紹介したあるあるの通り、飲食バイトは大変なことももちろんありますが、楽しいことや勉強になることもたくさんありますので、
「やってみたいな」
と少しでも思っているのであれば、挑戦してみることをおすすめします。

▼こちらの記事もおすすめ


===========

定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!

また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。

新卒

画像8

画像9


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!私も好きです♪
株式会社ファイブグループがお届けする飲食×オープン社内報。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの社員やアルバイトさんの「働きがい」につながるよう、様々な「人」や「取り組み」や「各種制度」についてなどをオープンに日々発信する社内報です。