見出し画像

【中途入社】フランチャイズ戦略のド真ん中に飛び込んだ、入社一年目「自称"自由人"」の野望とは?

【プロフィール】
鈴木昌之、通称「マサ」。現在『スパゲッティーのパンチョ』の店舗責任者を務める傍ら、フランチャイズ戦略の店舗開発、トレーナーを兼任。入社1年目にしてパンチョの九州上陸の際の現地トレーナーを担当。飲食キャリアだけでなくアパレル経験やバックパッカー経験もある異色の経歴の持ち主。1982年生まれのアウトドア好き、アクティブな38歳。

1:挑戦が好き。アクティブな人生。

飲食人と名乗るにはちょっと変な経歴なんですが、高校卒業後に体育系の専門に進学したのですが就活に難航し、居酒屋のアルバイトやジムのトレーナーを経てアパレルへ就職。2年ほど勤めた後、飲食でアルバイトをしながらアジア中心にバックパッカーで約2年旅をし、アルバイト先の飲食業界に本格就職。レインズインターナショナル5年、ダイニングイノベーションで6年、そしてファイブグループに来て1年です。
飲食経験としては居酒屋や洋食のレストランが長かったですね。単一商品のファスト提供業態はパンチョが初めてです。

2:今、世の中のニーズとまさに合致している業態

正直、お話をもらって最初にパンチョを食べに行くまではそんなに期待値高くなかったんです。「ナポリタン一本に賭けられるだろうか…?」と不安もありました。
あまり前向きじゃない気持ちで行ってみた店舗は平日の15時にも関わらず満席。お客さんが本当に美味しそうにナポリタンを食べていて「ファンが沢山ついてるブランドなんだな」と印象が覆され、充分な期待値を感じられました。

2021-01-08 23.12のイメージ

その後コロナが始まりましたが、今の世の中にマッチしているブランドだと改めて思います。テイクアウトも伸びてますし、ナポリタンとミートソースというシンプルな二枚看板ゆえに利益率が高いビジネスモデルになっています。何よりも根強いファン層が強く、世の中から支持を受けていると実感しています。しかも、他の飲食さんが凄く時間をかけてやっている「お客様にファンになっていただく」ということをパンチョは15分くらいの間でギュッとやっている。

それを成立させているのは「改めてナポリタンはうまいと言わせたい」というシンプルに突き詰めたブランディング。美味しいものを極力まで安く。
このわかりやすい言葉でしっかりファンとつながってる強いブランドだと思います。

3:今がチャンス。3年以内に30店舗を。

2021-01-09 14.15のイメージ (1)

今パンチョはフランチャイズ展開を本格化していくタイミングです。具体的には3年以内に直営含め30店舗を目指す動きをしています。今年からは僕も本格的にフランチャイズ加盟開発の業務も始めていく予定で、具体的には

1:FC加盟の動きをしている企業様を探す
2:パンチョの魅力を知ってもらう
3:条件のすり合わせ
4:物件探し
5:施工打ち合わせ、施工管理
6:スタッフトレーニング

このステップをひたすらやっていきます。
コロナで飲食業界は厳しいと言われていますが、メディア露出力と根強いファンを沢山抱えているパンチョにとってはチャンスのタイミングだと思っています。

2021-01-09 14.12のイメージ

コロナで影響を受けた異業種さんのフランチャイズ加盟に特に力を入れていきたいですね。
単一商品業態なのでオペレーションはシンプル、テイクアウトにも向いているので利益率の高いビジネスモデルです。
あとはもう最終的にここに行きつきますがシンプルにうまい。自分が自信をもって「うまい」と思える商品なので熱意で語り、まずは食べてもらうところを特にやっていきたいと思っています。

4:アクティブに仕事して、アクティブに遊ぶ。

フランチャイズ加盟の業務はこれから始まるので、予定になりますが、週3日を店舗で店長業務、週2日を加盟開発、週2休みのサイクルで過ごす予定です。
フランチャイズの加盟開発のポジションは専任になりがちですが、現場も離れないことで新しいことを試したりだとかそういう場を直接持てている強みを活かしていきたいですね。

2021-01-09 0.13のイメージ

休みの日は妻と外出したり、公園でのんびり飲んだりキャンプしたりウクレレ弾いたりしています。
チャンスがあればまだバックパッカーで行ったことない国にも行きたいですがご時世柄難しいので世界遺産の本を読んで行った気分を味わってます。パンチョが海外進出してくれたら飛び回れるんだけどなぁ(笑)

5:現場からのトライ&エラーでみんなで進んでいく

2021-01-09 14.14のイメージ (2)

パンチョの業態的な魅力の1つが、ボスの野尻さんが「とりあえずやってみようか」の精神だということ。
チャレンジできる環境と、上司がそう言ってくれることで精神的な安心感がありますね。で、ちゃんと見ててフィードバックもくれる。「自分の正しいと思うことを存分にやってくれ!」って入社時に言ってもらえたことが僕には凄く大きくて、のびのびと楽しく色んな事やらせてもらってます。

フランチャイズの加盟をしてもらうためにも、アルバイトさんのトレーニング方法だったり、自分たちの働き方だったり、もっと色んな事を現場からの声で進化させていきたいと思っています。
コロナになって店長やスタッフ同士で会うことも減ってますが、みんなであーでもないこーでもないと意見を出し合って生み出していきたいですね。シャイなタイプの店長も多いので(笑)

想いは手法の上流にあり。飲食が好きで、お客さんに喜んでもらうことに情熱を持っていて、コミュニケーションが好きで、想いを口に出して人と人をつなぐことのできる人がもっと入ってきてくれると嬉しいです!

2021-01-09 14.14のイメージ

===========

今後、定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!

また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!私も好きです♪
1
株式会社ファイブグループがお届けする公式noteマガジンです。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの「人」が「大事にしている考え方」を誰でも気軽に読める場として、日々発信するオウンドメディアです。