新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【地域貢献プロジェクト:レポート】食品ロス対策と社会的支援を両立する「生活困窮者の方へのお弁当配布」を実施

地域貢献プロジェクトの一環として、緊急事態宣言を受けた営業自粛による余剰在庫を活用し2021年2月27日に新宿、池袋にて生活困窮者の方向けに、コロナ禍の影響で発生した余剰在庫を活用したお弁当670食のお届けを実施した様子をレポートします!

画像3

1:ファイブグループの地域貢献ポリシー

画像1

私たちの存在意義である「”楽しい”でつながる」ことを土台とし、ブランドや店舗を通じて生まれる人と人の”つながり”を地域貢献の本質としています。

更に会社としても、店舗を超えた”つながり”の機会をつくりお客さん、スタッフ、地域の関わりの幅を広げることで、働くスタッフに対しても「自分がこの地域で、このお店で、ファイブで働く意味」を深め、働きがいの向上につなげていきます。

2:営業自粛による『食品ロス』の存在

約120店舗を運営するファイブグループでは、通常一定の仕入れ済み食材のストックを常に抱えているため、今回の時短営業や休業の決定により店舗での消費が追いつかない過剰在庫が大量に発生しました。

画像3

経営的なコスト面だけでなく、企業の社会的責任を果たす意味でも、食材廃棄は最小化する必要があります。そのため、私たちは
・過剰在庫の二次流通
・社内での在庫販売
を中心に対策を実施してまいりましたが、それだけでは捌ききれない食材も出てきました。

そこで、今「食」を必要としている人にお届けできないかと考え、店舗の地域の周辺で子ども食堂、フードパントリー、炊き出し活動を行っている団体様を探していたところ、年明け以降の緊急事態宣言により利用者が急増している生活困窮者に向けた支援を精力的に行なっている「認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい」様、「特定非営利活動法人TENOHASI」様の活動に、飲食企業として参加させていただけることに。

3:活動実施概要

画像4

日にち:2021年2月27日(土)
場所:新宿区都庁前/豊島区東池袋公園
提供:唐揚げ弁当320食/唐揚げ弁当350食

地域貢献プロジェクトチームのメンバーを中心に当日は16人のスタッフが結集!メンバーご家族のちびっこから本部長、執行役員まで部署や役職を超え、横断的に協力した本活動。

総重量鶏肉148kg!
お米66kg!
休業中の『牛かつもと村 西新宿店』にて670食の唐揚げ弁当を作成し、新宿ではもやい様と配布まで一緒に実施、池袋ではTENOHASHI様にお渡しさせていただきました。

画像5

画像7

画像6

画像8

画像9

4:新宿でのお弁当お渡し

画像10

団体名:認定NPO法人 自立生活サポートセンター・もやい 様
代表:大西 連 様(写真右)
公式HP:https://www.npomoyai.or.jp/
活動名称:新宿ごはん+相談会@都庁前

まずは新宿にて320食!配布にも参加させていただきました。
※配布中の写真は利用者の方のプライバシー保護のためございません

新宿エリアは『牛かつもと村』『スパゲッティーのパンチョ』『とととりとん』を展開するファイブグループにとっても馴染みのある地域。

主催の代表様からは、出来立てで温かく、お肉が入っているお弁当はなかなかお配りの機会がないのでご好評をいただいたとお声掛けいただけました。
300名弱の利用者の方に直接お渡しし、新宿を後にしました。

4:池袋へのお弁当搬入

_MG_7487反転

団体名:特定非営利活動法人 TENOHASI 様
代表:清野 賢司 様(写真右)
公式HP:https://tenohasi.org/
活動名称:TENOHASI@東池袋中央公園

続いて池袋に350食をお届けしました。こちらでは会場の都合もあり主催団体様にお弁当を託し、プロジェクト隊は見学。

池袋は『牛かつもと村』『スパゲッティーのパンチョ』『ステーキロッヂ』『ガノフ屋』『居酒屋いくなら俺んち来い。』『居酒屋いくなら俺んち来る?~宴会部~』『俺たちのとりとん』と、非常に多くのブランドを展開させてもらっている地域。

画像12

東池袋中央公園の外周にぐるっと列ができ、およそ300名の利用者の方にお弁当が無事にいきわたったとのことでした。

コロナの影響と、人のつながりを強く感じた一日でした。

5:地域貢献プロジェクト代表コメント

画像13

《写真中央:ファイブグループ 経営企画室長 山﨑大輔》

コロナ禍では一人ひとりの生活に大きな影響を与えています。飲食企業の経営も厳しい局面が続きますが、食を必要としている方々へ私たちができることに引き続き取り組んで参ります。

6:プロジェクトについて

ファイブグループでは2021年、部門や立場も横断したプロジェクトがいくつか社内に立ち上がり、それぞれが活動を始めています。

今回レポートした『地域貢献プロジェクト』の詳しい説明はこちら。

次回は3月に『浜ちゃん』『ゴンチャ』『酒呑んで飯食って蛙之介』『スパゲッティーのパンチョ』の4ブランドを展開している横浜エリアの子ども食堂にて活動を実施予定です!

===========

今後、定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!

また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。

高卒も歓迎!新卒・第二新卒採用はこちらをご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたの明日が楽しいこといっぱいでありますように!
株式会社ファイブグループがお届けする公式noteマガジン。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの社員やアルバイトさんの「働きがい」につながるよう、様々な「人」や「取り組み」や「各種制度」についてなどを日々発信するオープン社内報です。