見出し画像

【勤続10年表彰企画】挑戦の10年~利根川拓也編~

2010年にファイブグループの新卒入社第一号を飾った利根川拓也。店長や新業態立ち上げを次々に任され、人気店を各地に築く請負人として長く走りぬいてきた。現在はマネジメントに軸足を置く「たくちゃん」こと利根川に、この10年の軌跡を改めて尋ねた。

画像1

▼プロフィール
利根川拓也。33歳。2010年ファイブグループ第一期新卒入社。
「居酒屋いくなら俺んち来い。」通称「いざこい」を要する「こいくる事業部」にて店長、兼任店長を務めた後、新規ブランド「酒呑んで飯食って蛙之介」通称「のすけ」の企画書を飛び込みで社長にプレゼンし、無事に立ち上げ。野毛店にて平日でも行列ができる大人気店に育て上げる。
現在は部長職にまで昇格し、MJ-Fun事業部の事業部長兼BD(ブランドディレクター)として活躍中。

【出会い】ファイブには自分のやりたいことが全部揃っていた

 将来について考え始めた時、「人が集まってくる仕事がしたい」「とにかく人と近い距離で仕事がしたい」という思いがあって。居酒屋ならそれができるなってパッと思いついたんですけど、欲を言えば個人店のような距離感が良かったんです。それを全国に作れたら…と考えていた時に「ファイブグループ」という存在を知りました。まさしく、自分がやろうとしていることを全部やっている。正直、居酒屋はおろか飲食店ですら働いた経験がなかったのですが、夢が叶うのならと迷いはなかったですね。

画像2

《入社時23歳の利根川氏》

この時の上司であり、彼にとって唯一の上司ともなった現こいくる事業部長の“かっつん”こと小林部長。彼は今でも「一番感謝している人」として彼の名を挙げた。

最初の店舗で一緒に働いた“かっつん”が、今振り返っても僕にとって一番大きい存在です。とにかく人の可能性をつぶさない。言ってしまえば、僕はかっつんの言うことをほとんど聞かなかった(笑)。でもかっつんは僕の言うことをとにかく聞いてくれた。

総会_210204_128

《写真左:かっつん/写真右:利根川》

願えば叶う、という環境を最初に与えてくれた人がいたからこそ、そのあと僕が逆の立場になっても、人の可能性を潰さない、という信念でいられているのだと感じています。実際に一緒に働いたアルバイトの子たちが、ファイブを出ても自分の夢を叶えていたり、学んだことを活かして輝いたりしているのを見ると、本当に嬉しいですしね。

【転機】一挙手一投足の重みがのしかかった、「のすけ」の撤退

 よく「うまくいかなかったなと思うことって何ですか?」って質問があるじゃないですか、それでいうと僕の場合、うまくいかなかったことが9割で、うまくいったことなんて残りの1割ばかりなんです。でも失敗ってチャレンジした証拠ですからね。失敗というリスクの中に「努力」と「成長」があると僕は捉えています。

画像4

 その上で忘れられないものの一つを挙げるなら、「酒呑んで飯食って蛙之介」1号店の撤退です。スーパー店長としての限界を感じたと言いますか…一挙手一投足の重さをひしひしと感じました。ただおかげで青臭さがなくなったのもここからかなと。全てを自分のせいにしようと腹を括り、味がなくなるまでこのガムを噛もうと決めて。そして全部、得られるものを得てやろうと覚悟したのがこのタイミングでした。

総会_210204_57

《酒呑んで飯食って蛙之介1号店にて》

現在展開する2・3号店目は平日でも行列が出来るほど!
酒呑んで飯食って蛙之介で女将として奮闘する新卒の記事はコチラ

【信念】実は“ビリ”にいないと心地が悪い。

 ファイブでのこれまでを振り返ると、挑戦の連続だったなと自分でも感じます。ただ、その時々で「よしこれにチャレンジしよう」と思ってやっているかというと、僕にとっては少しニュアンスが違って。

画像5

チャレンジしたいものやすべきものを見つけて挑むというよりも、“トップ”や”スーパー”の座にいることが心地悪いんです。このままだと先が無いというか、夢が叶わないのが見えている、なんとかしなきゃ、何かしなきゃ…そうやっていつも自分が駆り立てられて、気づくとチャレンジャーに回って“ビリ”からのスタートを選んでいるんです。

「勝手にやってしまいがちなので、怒られながらだけど(笑)」とこぼす利根川。それでもなんとか形にしてくるからこそ、今のポジションがあるのかもしれない。

【想い】後輩よ忘れるな、“あるものはあるんだ”

 今現場で奮闘している後輩も、これからファイブに入ってくる新入社員の方もいると思うのですが、とにかく自分にできることを120%でやってほしい。高い目標を立てることにばかり目線が行きがちだけど、高かれ低かれ、自分が決めたことをまず熱中してやること。その中に価値があると僕は信じています。

総会_210204_116

《初店長の店舗から異動する際の写真:とにかく人に囲まれる男》

 そのプロセスにはたくさんの挑戦が含まれていると思うのですが、よく凹むあまりに“何もできなかった””私には何もない”みたいになってしまう人がいます。でも、“あなたにあるものは、“ある”んです”。あるものまでないと思ってほしくない。あなたにあるものを一番星のように輝かせてほしい。僕は先輩の一人としてそれを期待しています。

総会_210204_32

《2019年の社内イベントにて事業部のメンバーと》

「強く願ったことが叶わなかったことが無い」と断言する利根川。やってみたいことを強く持っている人がファイブに入れば、その想いを忘れない限り必ず叶うと背中を押す。利根川自身も「夢」に向かって11年目のスタートを切る。足踏みは嫌いだ。

2021-01-30 11.31のイメージ

===========

今後、定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!

また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。



この記事が参加している募集

オープン社内報

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!私も好きです♪
11
株式会社ファイブグループがお届けする公式noteマガジンです。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの「人」が「大事にしている考え方」を誰でも気軽に読める場として、日々発信するオウンドメディアです。