飲食業界への就職で役立つ資格とは?資格取得のメリットも紹介!
見出し画像

飲食業界への就職で役立つ資格とは?資格取得のメリットも紹介!

飲食業会への就職を考えている人の中には、
「必要な資格ってあるのかな?」
という疑問を抱えている人もたくさんいるでしょう。

note本文挿入用 (30)

そこでこの記事では、飲食業界への就職で役立つ資格や、資格取得のメリットについて詳しく解説していきます。

【前提知識】飲食業界の就職に資格は必須ではない
飲食業界で役立つ資格はたくさんありますが、資格の取得は必須ではありません。
中には、資格を取得せずに飲食業界へ就職し、働きながら様々な資格を取得している人も多くいるのです。

飲食業界に就職する前に関連資格を取得しておくメリットは?

飲食業界への就職に、資格は必須ではありませんが、就職する前に関連資格を取得しておくと、様々なメリットを得ることができます。
では、具体的にどのようなメリットがあるのかということについて、詳しく見ていきましょう。

・採用率が上がる
飲食業界で役立つ資格を取得しておくことで、面接官へのアピールに繋がりますので、採用してもらえる可能性が高くなります。
もちろん、資格が全てではありませんが、同じ条件の人が2人出てきたときに、資格の有無で優劣をつけることが多々あるのです。

note本文挿入用 (31)

・キャリアに繋がる
資格を持った状態で飲食業界へ就職をすることによって、出世スピードが上がる可能性もあります。
出世に関しても、資格だけで判断されるわけではありませんが、
[資格を持っている=知識がある]
と評価してもらえる可能性が高くなりますので、その分役職をもらいやすくなったり、給料に反映してもらいやすくなったりするのです。

飲食業界への就職で役立つ民間資格って何?

では早速、飲食業界への就職で役立つ民間資格をいくつか紹介していきます。

・野菜ソムリエ
野菜ソムリエというのは、「一般社団法人日本野菜ソムリエ協会」という団体が認定している資格です。
この資格を取得しておけば、野菜に関するプロフェッショナルとして評価してもらいやすくなるため、採用率が上がるだけではなく、
・新規プロジェクトのリーダー
・セミナー講師
などにも抜擢されやすくなるのです。

note本文挿入用 (32)

・ワインソムリエ
ワインソムリエというのは、民間資格の中でもかなり知名度の高い資格です。
お酒を扱うお店、特にワインの専門店などに就職をする場合は、かなり重宝されるでしょう。
また、中にはワインソムリエの資格保持者に資格手当を出している会社などもありますので、資格を持っているだけで給料が上がることもあるのです。
・フードコーディネーター
フードコーディネーターというのは、簡単に言ってしまうと「食のプロデューサー」です。
この資格を持っておくことで、
・新規商品開発
・新規メニュー提案
・食に関するメディアの運営や、コンテンツの作成
・食に関するイベントの運営、企画
などの仕事に携われるようになります。

飲食業界への就職で役立つ国家資格って何?

では次に、飲食業界への就職で役立つ国家資格について、詳しく見ていきましょう。

・調理師
飲食業界への就職に興味を持っている人ならだれでも知っている「調理師」。
この資格を取得するためには、調理に関する技術や知識はもちろんのこと、衛生面や食材への知識も必要になります。
また、調理師を取得しておくことで、独立開業をする場合のハードルもグッと下がりますので、
「将来は自分でお店を開きたい」
と考えている人は、挑戦してみてください。

note本文挿入用 (33)

・栄養士
食事の栄養についてアドバイスをしたり、栄養の管理をしたりする場合に必要となる栄養士。
この資格も飲食業界への就職でかなり有利に働きます。
ただし、栄養士の資格を取得するためには、所定の養成施設を卒業する必要がありますので注意が必要です。
・レストランサービス技能士
レストランサービス技能士という資格も、飲食業界への就職に役立ちます。
この資格は、サービスに関する資格の中で唯一の国家資格となっていて、取得しておくことで接客のプロとして自分を売り込めるようになるのです。
レベルの高いホテルやレストランに努めるサービススタッフには、この資格を持っている人が非常に多く、資格を持っているだけで手当てをもらえることもあります。

まとめ

飲食業界は資格がなくても就職をすることができます。
資格を取得せずに入社し、働きながら取得をしていくというのも1つの方法です。

ただし、
「面接でライバルと差をつけたい」
「より良い条件で働きたい」
そう考えている場合は、事前に資格を取得しておくこともおすすめです。

とはいえ、
「どんな資格を取得すればいいのかわからない」
という疑問を抱えている人も多くいるでしょう。
そのような人は、今回紹介した民間資格、あるいは国家資格の取得にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

note本文挿入用 (34)

国家資格については民間資格よりも取得難易度が高く、条件も厳しくなりやすいため、ある程度時間に余裕を持って準備を進めていくことが大切です。

▼こちらの記事もおすすめ


===========

定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!

また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。

新卒

画像7

画像8


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!あなたの今日が楽しいで溢れますように!
株式会社ファイブグループがお届けする飲食×オープン社内報。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの社員やアルバイトさんの「働きがい」につながるよう、様々な「人」や「取り組み」や「各種制度」についてなどをオープンに日々発信する社内報です。