見出し画像

「このお店」で働きたくて日本に戻ってきた情熱のアルバイター!

自薦・他薦問わず募集したスタッフ自慢の「ウチのスタッフのココがスゴイ!」今回は、定食業態『牛かつもと村新宿三丁目店』で働く韓国人のイ・スゼさん。今の様子からは想像できないけれど、実は、働き始めたときは日本語が、ほぼわからなかったそう。そんなスゼさんのこれまでをプレイバック!

【プロフィール】
名前:イ・スゼ(い・すぜ)。自称:おしゃべりマルマルメガネ。
年齢:年月生まれ。歳。
社歴:年入社。
ワーキングホリデーの期間に定食業態『牛かつもと村新宿歌舞伎町店』(以下、歌舞伎町店)で勤務。1年半後再び帰国し『牛かつもと村新宿三丁目店』(以下、三丁目店)で勤務。

【きっかけ】楽しかったから就職したくて、戻ってきた

━━日本では、ずっと働いているんですか?

画像4

2017年の5月から1年間、ワーキングホリデー(異なる文化の中で働きながら休暇を楽しむこと)で日本に来てて、そのときに定食業態『牛かつもと村』でアルバイトしていたんです。期間を終えてから一時は帰国したのですが、ここでまた働きたくて、2018年10月に戻ってきました。

『牛かつもと村』って韓国でも有名なんですよ。名前を知ってて、韓国語・中国語・英語が喋れる人優先って書いてあったから応募して、受かりました。

最初は歌舞伎町店で働いていて。ヤマさん(当時の歌舞伎町店店長)が店長だったから楽しかったんです。私が一時帰国から戻ってきたときに、また歌舞伎町店で働きたかったのですが当時募集はしていなく、新しくオープンした三丁目店を勧められそちらで勤務することになりました。ヤマさんも三丁目店へ異動になっていたので、またヤマさんのところで働くことができました!

━━店長のヤマさんが好きなんですね。

冗談で「就職ビザより、結婚ビザがいいんじゃない?」ってネタを昔からずっと言っています(笑)それくらい好きです!

━━そういえば、スゼさん大食いって聞いたんですけど・・。

日本人が少食なだけなんじゃないんですかねぇ。自分ではそう思っていないんですけど、「フードファイターやったほうがいい」って言われました(笑)
このお店の定食だったら、お肉260gくらいは全然余裕です。ご飯と一緒に。

画像4

━━お店が好きになった理由はなんですか?

性格的に合ってたんですよね。

ルールに対して納得できなかったら言うタイプなんですけど。ヤマさんは、受け取るとは限らないけど「何かあったら教えてね」って言ってくれて。だから最初の頃は、毎日言い合ったり、喧嘩したりしてました(笑)

例えば、今は普通にお客さんに声かけするけど、昔は「ご飯食べているときに、話しかけられたら嫌じゃない?」って思っていて。それをヤマさんに言ったら「話しかけてみないとわからないでしょ」って。「でも、ヤマさん自分は話しかけていないよね」みたいな。

なぜ、私がしなきゃいけないの?みたいなことを色々言い合って来たその過程があったから、今は納得して楽しく仕事ができています。

━━海外からのお客さんとは何を話すんですか?

外国からのお客さんだったら「どこの国から来たの?」とか。それで、その国の言葉で挨拶したり、その国の美味しいものを聞いたり。あとはお店を知った理由とか聞いてますね!

━━常連さんとも、よくお話しますか?

常連さんは、お昼に来ることが多くて。私は夜だから実はあんまり会わないんですよ。

━━韓国からのお客さんが多いですか?

最初の頃は、3分の1くらいは韓国からのお客さんでしたね。めっちゃ面白かったです。でも「美味しいものは何?」って聞かれても自分にとっては、もう新鮮じゃないから、わからないんですよね(笑)

画像2

【今後のビジョン】お客さん第一。スタッフを大切にする店長に

━━これからの目標は?

社員になることですかね。社員になるなら、店長になると思います(笑)

━━どんな店長になりたいですか?

お客さん第一。スタッフを大切にする。両方大事だけど、バランスを取るのが難しい。私は、スタッフが辞める時、ここで働いてよかったと思ってもらえるような店長になりたいです。

━━他のスタッフさんに対して、こだわりを教えてください!

優しくすると「ここのお店は緩いな」って適当にする人と、「頑張ろう!」って思ってくれる人がいるじゃないですか。頑張ろうとする人じゃないと嫌ですね。このお店には、そういう人しかいないから、好きです!

暇なときがあっても、このお店だったら掃除をするんですよ。普段なかなか掃除できないところを綺麗にしたり。そういう姿を新人さんには見せますね。そうすると、「暇な時には掃除をするもの」ってなりますよね。

ルールって1人じゃ決められないじゃないですか。みんなで決めて、みんなでやっていくものだから。合わない人は辞めるけど、お客さんに愛されるお店作りをするためには、それで良いと思うんです。

━━接客へのこだわりも教えてください!

お客さんは、味だけでお店を選ぶわけではないと思います。ちょっとだけ会話するだけでも「このお店に来て良かったな」って思ってもらって、常連とまでいかなくても「また来たい」と思ってもらえる気がしますね。

味は自分では変えられないからこそ、自分はお客さんに対して常に笑顔でいるようにしています。接客するときだけじゃなくて、お店の中を歩いているときも楽しそうにいることで、お客さんも楽しい気持ちになってほしいですね。

【メッセージ】ファイブグループの人に伝えたいことは?

画像4

いろんなお店の話を聞きたいので、三丁目店に話をしに来てください!お店によって色やルールが違うから、いろんなファイブグループを知りたいです!でも絶対、三丁目店が一番良いと思っています!プライドがあるんで(笑)


ウチのスタッフのココがスゴイ!シリーズ


===========
今後、定期的に更新していきますので、ぜひこちらのアカウントをフォローいただけると嬉しいです!この記事へのスキもお待ちしています!
また、ファイブグループでは新しい仲間を募集しています! 少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。


ファイブグループ 新卒採用についての最新情報はこちらをご覧ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
あなたの明日が楽しいこといっぱいでありますように!
1
株式会社ファイブグループがお届けする公式noteマガジンです。「楽しいでつながる世界を作る」をミッションに、飲食業界で活躍するファイブグループの「人」が「大事にしている考え方」を誰でも気軽に読める場として、日々発信するオウンドメディアです。